信用取引ってどんな取引?信用取引を最低限簡単に説明!

信用取引は、現物取引とどう違うの?

信用取引は、自分の自己資金の約3倍の株取引ができます。現物取引では資金的に取引できなかった銘柄の取引ができるようになったり、レバレッジをかけることができるようになります。証券会社から自己資金や現物保有している株式を担保に、資金を借りて取引ができるようになります。そのため取引の際には取引手数料に加えて、金利が発生します。自己資金よりも大きい金額で取引が、証券会社から資金を借りることによってできるわけですから、慎重に取引をしないといけません。

信用取引は、売りから入れるの?

現物取引では、買いからしか入れなかった取引が、信用取引では、売りから入って買い戻すこともできるようになります。証券会社があらかじめ保有している株式を借りて売りから入り、株価が安くなったら買い戻すことで利益を狙います。銘柄によって売り建てができる銘柄とできない銘柄があり、また、日によってできる銘柄とできない銘柄発生します。株価は上がる時ばかりではありませんから、もうこれ以上、上がらないだろうと思ったら売りから入り、下落したところで買い戻します。注意点は、配当を支払わなければならないことです。

信用取引ができるようにするにはどうすればいいの?

信用取引を行うためには、信用取引口座を開設しなければなりません。そのためには証券会社による審査が行われます。信用取引で含み損が生じた際には維持率を意識しなければいけません。維持率を割ってしまうと不足金や追証が発生し、入金を新たにしなければ維持できなくなります。現物取引ではこのようなことにはなりませんが、証券会社に資金や株を借りる信用取引では、より取引に慎重にならなければ、損が大きくなるリスクを理解していなければなりません。

信用取引とは、必要な資金を借りて購入する信用買いと売付けに必要な株式を借りて株式を売却する信用売りがあります。