パソコン教室でグラフィック関係を学ぼう!何教えてくれるの?

ホームページ作成ソフトを利用しての授業とは

パソコン教室の中には、ホームページ作成ソフトを利用しての授業を受ける事が可能ですよ。私達が普段良く見ているホームページの多くは、この様なホームページ作成ソフトを利用して作成されています。テキストエディッタを利用した事がある方なら、簡単なホームページを作り上げる事が可能ですが、それでは授業を受ける意味がありませんよね。ホームページはタグと呼ばれるプログラム言語が沢山あり、その使い方を学ぶ事によって様々な表現が可能になりますよ。例えば、ページのタイトルや見出しのHTML言語は、文字を大きくするhタグと呼ばれるタグを利用する事で簡単に表現する事が出来ますが、そのままでは大きすぎる事もあり、CSSと呼ばれる装飾を行うファイルで文字の大きさを調整する必要性が出てきます。この様な専門的内容は、持ち合わせている知識では出来ない事もあり、パソコン教室に通えばしっかりと教えてくれますよ。

フォトレタッチソフトを利用しての授業とは

ホームページを見ている時とは、画像を頻繁に見ている物ですよね。スマホやデジタルカメラで撮影した画像をそのまま利用する事も出来ますが、サイズが大きかったり、色が黒ずんでいたりする事もありますよ。人物などの場合は、切り抜いて利用したい事も出てきますよね。そこで利用するのがフォトレタッチソフトになります。パソコンを購入した時にも付属している事がありますが、その多くは家庭用として制限のある内容であり、プロが利用するフォトレタッチソフトでは無い事がほとんどですよ。プロが扱う内容には、様々な効果を画像に適応する事が可能であり、その差は家庭用のフォトレタッチソフトと比べ歴然の差として現れる事もあります。もちろん、パソコン教室で扱うソフトの多くは、プロが扱うフォトレタッチソフトを用意している物であり、中には、教室に通えばプロが扱うフォトレタッチソフトを安く購入できる場合もあります。

ドローソフトを利用しての授業とは

画像には、主にフォトレタッチソフトを利用して作成をした画像と、ドローソフトと呼ばれるソフトを利用しての画像がありますよ。ドローソフトの特徴は、データを計算式に現して扱う画像です。そのため、たとえ大きく拡大をしたとしても、データはそれほど膨らまない特徴があり、計算式であるため綺麗な線で表現する事も出来ますよ。イラストや図形などに効果的でありまして、この画像をそのまま扱う事もありますが、フォトレタッチソフトで読み込んで利用する事もあります。例えば、写真の上にタイトルを付けたり、ドローソフトで作成をしたロゴなどを写真の上に重ねたりする場合にも利用しますよ。一般的にドロー系ソフトは、階調を作るのが苦手なためグラデーションはあまり利用されていませんでしたが、近年のドローソフトは階調の表現も綺麗に表現する事が可能となっています。フォトレタッチソフトとドローソフトが扱える様になる事によって、プロ並みのホームページを公開する事が出来る様になると言えるでしょう。

パソコン教室ではパソコンのインターネット上の操作や表計算などの利用方法を教えています。この教室に通う事によってパソコンの資格を取得できるようになり、就職にも大変有利になります。