油断も隙も無い!?家庭教師バイトでありがちなトラブル3選

通勤時の鉄道トラブルで遅刻・・

自宅から電車で30分程度で到着出来るからと余裕をかましていたら、いきなりの鉄道トラブルに見舞われ家庭教師に遅刻しそうになるという冷や汗もののパターンは、誰でも経験した事があるのではないでしょうか。この際必要なのは早目の現地到着ももちろんですが、いざという時の為の代替交通手段の確保でしょう。教え子の自宅付近に路線バスが通っていないか、またタクシーやマイカー、バイクは利用出来ないか等、様々なアクセス手段を検討しておくと慌てないで済むものです。

教え子との相性が合わない・・・

依頼を受けた時点で好感触を得たものの、実際教え子に会ってみると思ったよりもクセが強く、教える上でどうしても相性の悪さを感じてしまうというケースは無いでしょうか?家庭教師の成功は教える側教えられる側両方の理解と良好な人間関係に掛かっているといっても過言ではありません。ここではむしろ人生の先達として教える側が教え子の気持ちを的確に酌み、ストレスの無い様教えてゆく方向性が無難となるでしょう。家庭教師が良い人生経験となる人は大変多いものですが、こういったところにも理由がありそうですね。

異性の家庭教師と教え子の危ない関係!?

実際にはかなり少ないパターンでしょうが、家庭教師と教え子が異性の関係、しかも教え子が高校生といった年頃の世代である場合、教える教わるの関係から不意に恋愛関係に発展してしまうケースも可能性としてはあり得る事です。本来の目的は勉学の向上ですから、その目標から大きく逸脱してしまう事は否めず、また教え子の親の問題も大きなものでしょう。こういったトラブルが万が一起きない様、教え子と同性の家庭教師を依頼するか、書面での契約書を作成するといった対策が必要となってくるものです。

家庭教師のバイトの賃金は、比較的高めに設定されることがあり、学生に人気の職種として位置付けられています。